居酒屋「ひこばえ」

先日、友人の経営する居酒屋に行ってまいりました。友人の名は、ここでは「鉄ちゃん」としておこう。
東北本線の利府駅前に同じ建物が10棟ほど肩を寄せ合うように儀容気よく並んでいました。それもそのはず、利府駅前に町が町起こしの一環として計画したテナントだからなのだ。
お店の名前が「ひこばえ」鉄ちゃん自慢のカツオ・マグロの浜料理にこだわっている。
他の店に空席があっても鉄ちゃんの経営するひこばえは、なぜか連日満員、経営は順調、それはそのはず友人だから言うわけではないが、彼は理性があって物事の分別をしっかりわきまえ、決して敵をつくるような人ではないからである、そしていつも笑顔を絶やすことのない奥さんがしっかりと鉄ちゃんを支えているから、なぜか我が家にでも帰ったかのような錯覚になってしまうから不思議、その雰囲気に誘われて仙台からわざわざ電車で訪れる顧客も少なくない。

hikobae1
実は、お店の宣伝のためにブログ掲載したのではない。鉄ちゃんは私と同世代、サラリーマンをリタイアしてしばらくブランクはあるものの意欲をもって社会参加している(生きている)。
決して理想を熱く語ったりする性格ではないが、常に前を向いている姿勢、これが彼の魅力なのです。
一代で化け物会社に成長させた先人がこんな言葉を残している。「勝者と敗者 同じテーマに対し、勝者は如何に成し遂げるかを考える・かたや敗者はできないことの言い訳を先に考る」と言うのである。リタイアして人生の守りにだけは入りたくないからである、趣味でもボランティアでもいい、出来れば自己目標のハードルを少したかめに置いて時間をかけてトライしたいものです。
私も趣味の店をオープンしましたが鉄ちゃんには負けられない、密かにそんな闘志を抱いていました。
最後に健康を害された方でこのブログをご覧になられた方がおりましたら健康回復に全力投球してください、それもハードルです。